合宿時の時のバイキング

アスリートの食事 意識

 

同じ場所でのバイキング料理です。

何かが違う!

意識が違う!!

上は、好きなものを好きなだけ。無意識に。

下は、肉も野菜も、バランスよく選んでいます。

また、素晴らしいことに、揚げ物を選んでいないところは、素晴らしい!!

野菜だけ!でなく、野菜と肉!の組み合わせで、ボリューム感を出しています。

就実学園高等学校 サッカー部 食セミナー

アスリート 体重管理 水分補給アスリート エネルギー計算の仕方

就実サッカー部

先日、夏休みを目前に就実学園のサッカー部でのセミナーを開催いたしました。
テーマ
~アスリートとしての食事の大切さ~
 暑くなる季節、水分補給のしかた
一般的の食事は、楽しく、美味しく。
でも、アスリートの食事は、栄養補給、体作り。いわば、食のトレーニング。
同じ食事でも、違います。
でも、同じ食事なので近付けたいです。
ストイックなトレーニングの後は、楽しい食事が待っているを心掛けたいです。
そして、お役にたちたい。
頑張る、目の前の選手たちを応援したいです!

アスリートのための料理セミナー

アスリートの夏バテ対策  アスリートフードマイスターの勉強会

これからの季節、梅雨の晴れ間から初夏にかけて、まだ体が暑さになれない時期に熱中症や夏バテになりやすいこの時期だからこそ、注意していただきたい!

今回のテーマは、体内の熱を体から逃がす!

たっぷりと夏野菜を使った料理です。

メニュー

  • 鶏むね肉のカツレツ トマトソース
  • サラダ昆布と山芋のみょうが酢和え
  • 小夏とフリルレタスの塩こうじ和え
  • たっぷりキノコとふわふわチーズ卵
  • 紫蘇のクルミみそ
  • アサリとタコのトマトスープ
  • 雑穀ごはん
  • 豆乳ゴマプリン

 

手作りのふりかけ

そろそろ、定番化してきたお弁当にパッとしないので、ふりかけを作ってみました。ゆかり、干しエビ、ごまをなぜるだけ。

割合はゆかり(2)干しエビ(1)ゴマ(1)

そして、仕上げに梅干をちらして完成。梅干を散らすもとにより、ごはん全体に梅干の殺菌作用

アスリートの間食

アスリートだって間食は、したい!甘いスウィーツだって食べたい!でも、体のことを考えるとガマン・・・。

いつ何を食べるか!が重要。

今回紹介するのは豆乳ゴマプリンと高野豆腐のピザ

 

アスリートのスウィーツアスリートの間食

豆乳ごまプリン

作り方

鍋に豆乳(400㏄)、砂糖(40ℊ)生クリーム(100㏄)、すりごま(大さじ2)を入れて火にかけ、沸騰させないようにして全てを溶かす。溶けたら火を止めてゼラチン(5ℊ)を加えて予熱で溶かし、ザルでこす。

容器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

 

高野豆腐のピザ

高野豆腐を水で戻し、しっかり水気を切る。厚みを半分に切り、ケチャップ、ウィンナー、とろけるチーズをのせてオーブントースターで焼く。

 

 

アスリートの夕食

試合も終わり、その日の夕食。

ここからは、疲労回復と気分が上がるステーキ。ハードなトレーニングで

精神的ににも極限まで持っていくアスリートにって食という面からでもメンタルもフォロー。

もちろん、栄養面からしっかり補給。

疲労回復のためのアスリート食

  • 大根おろし・・・疲労回復、消化促進
  • きゅうりの酢の物・・・体内の熱を下げ、疲労回復
  • 玉子豆腐・・・タンパク質、
  • ステーキ・・・タンパク質
  • はまちの塩焼き・・・タンパク質

カルシウムの吸収率を上げる

はまちに含まれるビタミンDは、カルシウム、リンの吸収をよくして、骨の成長、強化を促します。

 

 

いまどきのドカベン

一昔前の高校生男子のドカベンのイメージは、lごはん多めの焼肉弁当!でよかったはずなのに・・・。今は、たくさんの種類の素材からいろいろな栄養をとりましょう!と理想的なことを耳にします。

朝から忙しいのに出来るか!でも、できることならしてやりたい・・・。

と私は思います。一日一品多めに作って作り置き。

ポイントとしては、しっかり火を通して、しっかり冷ます。手作りなので、3日をめどに使い切りたいですね。

お弁当の作り置き

高校生のお弁当

 

アスリートむけの手作りふりかけ

アスリートのお弁当おかず

筋肉を作る食品

アスリートのための手作りふりかけ。アスリートに必要な栄養、カルシウム、鉄分を多く含む小松菜と、タンパク質を多く含む鶏むね肉のミンチ。甘辛く煮詰めて、水分を飛ばします。